帽子の洗濯方法を知っていますか?大切な3つのポイントをご紹介!

帽子

帽子を洗う場合は「型崩れ」「色落ち」「傷み」を防ぐなど、通常の衣類に比べて気をつけるべきことがたくさんあります。

でも実際に帽子を洗濯するとなると、いったいどうやって洗えばいいのかわからないという方が多いのではないでしょうか?

 

そこで、帽子を洗濯する際に気をつけるべきポイントや、洗濯する際の洗い方について説明していきたいと思います。

万が一自分では洗濯できないとなった場合におすすめのクリーニング店も紹介していますので参考にしてみてください。

帽子はそもそも洗濯していいの?

帽子とはいっても様々な種類がありますよね!

  • ニットキャップ
  • ハット
  • キャップ
  • 野球帽
  • スキー帽子
  • 麦わら帽子

などなど。

そして素材も布製や革製、起毛革などのデリケートなものもあります。

この中で洗濯をしてもよいもの洗濯しないほうが良いものがありますので、まず簡単にご紹介しておきます。

家で洗濯しても大丈夫な帽子

 

洗濯しないほうが良い帽子

 

そんなに汚れていない段階で洗うのが大切!!

帽子の洗濯においてなによりも大切なことは、汗による異臭や黄ばみなど、汚れがかなり目立つようになってからでは、洗濯しても汚れがしっかり落ち切らない可能性があることを覚えておきましょう。

下着や肌着などは毎日洗うけど、帽子をこまめ洗うのは面倒ですよね・・・。

それでも、汚れが少しでも気になったら、できるだけすぐに洗うのが大切です。

でもどうやってどうやって洗うの?という方のために次で洗濯方法をご説明しております。

帽子の洗濯方法(家で洗う場合)

帽子を初めて洗濯する人にとって、洗濯機を使って洗ってもいいの?どうやって洗えばいいの?何が必要なの?といろんな疑問がありますよね。

ここから、詳しくご説明しますので、ご安心くださいね。

では、さっそく帽子を洗う際の手順と気をつけたいポイントをみていきましょう!

1. まずは帽子のタグについている洗濯表示を確認

まず最初に帽子のタグについている洗濯表示を確認てください。

原則赤い枠で囲ったようなマークがついている場合は洗濯ができませんので注意してくださいね。

消費者庁_新洗濯表示の画像

引用:消費者庁PDFより

 

2. 洗う

洗濯する帽子が入るサイズの洗面器を用意してぬるま湯をはり、洗剤を適量入れて帽子を「押し洗い」「ふり洗い」で優しく洗います。そして特に汚れの気になる箇所は「つかみ洗い」をします。

これを何回か繰り返したら、洗剤なしのあたらしいぬるま湯に変えてもう一度押し洗いをします。

  • 押し洗い:汚れがある箇所を外側に向けて、優しく軽く押すようにして洗う方法。
  • ふり洗い:衣類を両手で優しくつまみ、素早く振る方法。
  • つかみ洗い:汚れが目立つ部分を手のひらで握ったり離したりするようにして洗う方法。

 

3. 脱水・乾かす

手洗いが終わったら大きめのタオルで水分をしっかりとふき取ります。

水分をしっかり拭き取ったあとはペットボトルやザルなどに帽子をかけて風通りがいい日陰げの場所に帽子を置いて乾かしましょう

ちなみに、ペットボトルなどにかけて干す場合は隙間ができてしまう部分にタオルなどをつめてカバーしましょう。こうすることで型崩れを最小限に抑えることができます。

 

帽子の洗濯は手洗いがおすすめ

帽子の洗濯は手洗いがいいですよ!

まず最初に衣類同様に洗濯前にタグについている洗濯絵表示を確認します。

帽子を自分で洗う場合、原則的には手洗いがベターです。洗濯機可能の表示があっても、洗濯機を使わずに手洗いで洗濯するようにしましょう。

※ ちなみに洗濯する帽子の取り扱い絵表示の見方が分からない場合は、こちらの消費者庁の図を参照してみてください。平成28年以降、洗濯表示のマークが「新しい洗濯表示」として変更になりました。

⇒ 新しい洗濯絵表示が分からない方はこちら

クリーニングを利用するなら「リネット」がおすすめ

自分でしっかりと手洗いをする自信がない場合や、万が一自分の帽子が洗濯できない素材のものだった場合はクリーニング店に一度相談をしてみましょう。

ちなみに宅配型クリーニングサービスの「リネット」ではクリーニング対応可能な帽子をWEB上で紹介してくれています。

リネット_キャップ洗濯 2017-11-14 16.17.07

リネットより引用

おなじみのキャップ型の帽子から、

 

リネット_ニット帽洗濯

リネットより引用

冬の季節に活躍してくれるニット帽、

 

リネット_レザーの帽子洗濯

リネットより引用

そしてレザー帽まで、他にも様々な素材の帽子を洗濯可能です。自分の帽子が対応可能かどうか、こちらの一覧ページからチェックしてみてください。

クリーニング料金表 / Lenet

 

スクリーンショット 2017-11-14 16.16.39

リネットより引用

ちなみにキャップとニット帽の場合、こちらの「デラックス仕上げ」のオプションを利用すれば、より丁寧に洗ってもらうことが可能です。

そしてもし仮にこちらのリネットで対応不可能なものでも、帽子専門のクリーニング店であれば対応できる場合があります。

どうしても洗いたいものがある場合は帽子専門のクリーニング店を探して相談してみましょう。

 

帽子の洗濯方法についてのまとめ

帽子を洗濯する際に気をつけるべきポイントや、洗濯する際の洗い方について説明してきました。黄ばみなどの汚れがかなり目立つようになってからではしっかり汚れが落とせない可能性があることをしっかりと忘れずに覚えておきましょう。

また洗う場合は洗濯機可の絵表示がついていてもしっかりと手洗いで丁寧に洗うこともポイントです。

ちなみに今回の記事では紹介しませんでしたが麦わら帽子などは水に濡れると型崩れするので自宅での水洗いは難しいと言われています。

どうしても洗って利用したい場合は帽子専門のクリーニング店などに相談するなど対応を検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。