宅配クリーニングでトラブルがあった場合におすすめする対応方法

驚いている女性

私の大切な衣類のボタンがなくなってる!!

店舗のクリーニング屋さんと違って店員さんと対面で接することのない宅配クリーニング。ネットで簡単に利用できるから便利ですよね!

でも対面しないからこそ、ボタン欠けや破損、縮みやシミ、汚れや色落ちなど、最悪の場合は紛失などのクリーニングトラブルがあった場合の対応をどのようにすればいいのか、どのように対応すればいいのか?

店舗のクリーニング屋なら、返って来たその場で言えるけど、宅配となるとちょっと…そんな方も多いでしょう。

また、宅配クリーニング業者はどこまで賠償してくれるのでしょうか?

このページではそんな宅配クリーニングトラブルに説明いたします。

宅配クリーニングでトラブルがあった場合は出した業者に相談しよう!

取れたボタンを縫っている

クリーニングのトラブルでも最も多いのがボタンの紛失、欠けてしまっている…といったボタンに関するもの。その他にはシワやシミ、色落ちや破れに縮みなどもあります。

宅配クリーニングから戻ってきたら、まずはすべての衣類を出して、ボタンの紛失や破損などがないか必ず確認してください。

そして、もし気になるところがあったら、同梱されている資料に記されているお客様相談室などの専用窓口にすぐに連絡を。破損等の状況がわかる画像などの提供を求められるかもしれませんが、指示に従っていきましょう。

中には、「なんだかクレームをつけているみたいで申し訳ないな…」と気おくれしてしまう方もいるかもしれませんが、心配ご無用です。

なぜなら、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会に加盟しているクリーニング業者は、宅配クリーニングであっても、何かトラブルがあったときには「クリーニング事故賠償基準」に則って補償しなければならないルールになっているのです。

もちろん、もともと破れていた、ボタンがついてなかった…等は保証の対象外ですので、クリーニングに出す前には衣類がどういう状態なのかを確認しておく必要があります。

その上で、クリーニング後に気になる箇所があった場合には、気楽に問い合わせをしてみましょう。

だって、宅配クリーニング業者もトラブルを起こしたいわけじゃないですからね!有名な業者はしっかりと相談にのった上で、誠実な対応をしてくれますよ!

クリーニング事故賠償基準とは

全国のクリーニング業者は、破損や紛失などのトラブルの原因が自社によるものではないことを証明できない限りは、被害者(クリーニングサービス注文者)に対して補償しなければならないことになっています。ただし、「元々破れていた」、「虫食い穴があった」というように、被害者の過失が一因であるときなどは賠償額の一部はカットされます。

賠償額は下記のように算出されます。

賠償額
物品の再取得価格
(事故発生時における同一品質の新品の市価)
×
 物品の購入時からの経過月数に対応して補償割合

例えば、夏物のスカートで購入してから1年が経過していた商品の場合。

夏物スカートは平均使用年数(寿命)が2年とされているので、クリーニング発注時点での使用状態が良いものであれば再取得価格の72%、1年という経過にしては見劣りするものであれば47%の補償額となります。

参考:クリーニング自己賠償基準(運用マニュアル)

トラブルがあった場合に大切なのは保証期間内に必ず連絡相談すること

スマホを触っている女性

すべてのクリーニング業者が、過失による紛失や破損については保証をしてくれるとはいえ、保証期間を過ぎたものについては、適応はされません。

この期間は業者によりさまざまで、利用規約もしくは、賠償基準に記載されています。クリーニングが終わって返却されたときに同梱されている書類に記された注意事項にも「預けてから、もしくは納品してから●週間以内(●ヶ月以内)にご連絡ください」といったように期間の指定があるはずなので、届いたらすぐに衣類のチェックをして、必ず期間内に連絡をするようにしましょう。

●リネット 利用規約
http://www.lenet.jp/rule/

●クロークネット 利用規約
http://www.dry-world.com/cloaknet/rules.html

●フランス屋 賠償基準
https://www.franceya-shop.jp/compensation/

●せんたく便 賠償基準
http://www.sentakubin.co.jp/baisyou/

衣類の種類別トラブル確認ポイント

ではクリーニングから戻ってきた衣類のどこを重点的にチェックすればいいでしょうか。衣類の種類によって発生しやすいトラブルがあるので、下記を参考によく確認してみてください。

  • スーツ・礼服…ボタンの破損、センタープレスやプリーツ位置のズレ、変色
  • コート(アウター)…付属品の紛失や破損、風合いの変化、変色
  • シャツ・ブラウス…破れ、ボタンの紛失や破損
  • ニット…伸びや縮み、ほつれ、糸引き

とくに伸びや縮み、風合いの変化などは一見するとわからないものもあります。

クリーニングから戻ってきたら、必ず入れ物から一度出して以前と変わらないかを目視で確認しましょう。このときに付いているタグを外したり、着用してしまうと保証対象外になってしまうこともあるので、ご注意くださいね。

トラブル対応のためには事前チェックがおすすめ

チェック項目

宅配クリーニングに限らずすべてのクリーニング業者が「クリーニング事故賠償基準」を持っているとはいえ、これはクリーニング業者に過失があると認められたものに関してのみ適用されます。

つまり、「もともと穴が開いていたかも?」という曖昧なものについては保証してもらえない可能性があります。

そうならないためにも、宅配クリーニングに限らず出す前には必ず自分の目で、今の衣類の状態(ボタンはしっかりついているか、ほつれや破れはないか、シミはどこについているか等)を確認しておくことが必要です。

もちろん、店舗で目の前で確認できないからこそ、宅配クリーニングは店舗での確認よりも念入りな確認を行ってくれます。

だからこそ、ボタンに欠けがあった場合など、トラブルとして認知する前に、連絡がある業者もあります。

特にリネットはこういった対応に力を入れているので、宅配クリーニングの中でもトラブルが少ないです。

宅配だからこそ、安心して出せるとこを選びたいですよね!

そんな人はリネットを選ぶことをおすすめします。

ネットで頼める宅配クリーニングのリネット

リネットの
公式サイトを見てみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。