宅配クリーニングの汗抜きは黄ばみ予防になる

夏が終わり、急激に涼しくなる秋口。まだまだ台風等は多く、夏のような気温になったり、秋の訪れを感じる涼しい日があったりと気温差が激しいタイミングですが、そろそろ衣替えの準備が必要なシーズンですね。

たっぷり汗をかいて知らぬ間に見えない汚れが溜まってしまった夏服は、クローゼットにしまう前に汚れを落としておきましょう。クリーニングに出してしっかり汚れを落としてからしまっておけば洋服を長持ちさせることができます。

しかし、夏に着ていたワイシャツをクリーニングに出してしまっておいた翌年、クリーニングに出したはずなのに出してみたら見たことが無いほど黄ばんでいた!なんて経験をしたことはありませんか?

クリーニングに出してきれいにしたはずなのに、時間が経つと黄ばんでしまうワイシャツ類など、どのように保管したらいいのかわからない!そんなあなたに便利な宅配クリーニングの方法をご紹介します。

汗でつく皮脂や垢は普通の洗濯では落ちない。

通常汗をかく場合には老廃物として皮脂や垢などが含まれており、単なる水分だけではないため普通の洗濯では落としきれないという難点があるのはご存じでしたか?

汚れやすい襟や袖口など普通に洗濯するだけでは、どんどん黒ずみが発生してくることが良くありますよね。普通の洗濯では水に溶ける汚れしか落とすことができないため、油汚れである皮脂や垢を落とすことができないのです。

黒ずんだ箇所をクリーニングに出すと綺麗になって戻ってくるのはドライクリーニングで油汚れを落としてくれているからです。汚れの種類に応じてクリーニング店を活用できれば、きれいな服をきれいなままで長く着ることができます。そのためにもまずは汚れの種類を把握することがとても大切だと言えます。

衣類の黄ばみの原因は汗だった

ではクリーニングに出しても時間がたつと発生してしまう黄ばみの原因は一体なんなのでしょうか。

時間が経って出てくる黄ばみの原因は実は「汗」にあります。通常、家では洗濯できないドライクリーニング用品をきれいにするためにクリーニング店を使いますが、それでは皮脂や垢などの油汚れしか落とすことができません。

時間が経ったワイシャツなどの黄ばみの原因は汗に含まれる皮脂や垢などが酸素と化学反応して酸化してしまうことによります。

汗に混じって分泌されている皮脂や垢は水洗いで汗抜きしない限りは取れないため、クリーニングに出しても、見えない汚れがどんどん繊維の奥に溜まっていきます。

そうと気づかずにクリーニングに出したあと、そのまま夏服をしまっておくと繊維の奥に残った皮脂や垢が時間をかけて酸素と化学反応を起こし衣服が黄ばんでいくと言う状態を作り出してしまいます。

一回黄ばんでしまうと、今度はかなりガンコなシミになってしまうため、通常のクリーニングでは落とすことができず、より高額なシミ抜きを依頼しなければならなくなります。

夏が終わったらしっかりと汗抜き加工を宅配クリーニングで行ってもらい、黄ばみを生じさせない管理を心がけましょう。

汗とシミは全く別物

通常食べ物をこぼした場合のシミ抜き等はドライクリーニングで落とすことができます。これはシミの成分が油でほとんどできており油汚れは油で落とすという汚れ落ちの法則に当てはまっているからです。ただし汗シミは水汚れに分類されますのでウェット加工=汗抜きを実施しない限り黄ばみを防ぐことができません。

シミ抜きとは汚れの構造が違うということを覚えておきましょう。

汗抜きをしてくれるオススメの宅配クリーニング

宅配クリーニングのリネット「ウェット加工」

宅配クリーニング、リネットのオプションとして人気が高いウェット加工についてご説明します。

ウェット加工 1着につき+700円

宅配クリーニングリネットのウェット加工はドライと水洗いクリーニングの2度洗いをしてくれるため、皮脂などの油溶性の汚れと汗などの水溶性の汚れ、両方を落とすことにより、化学反応の元となる汚れを全て落とすことができます。そのため、お気に入りのお洋服を黄ばませずに長く愛用することができます。

なかなか選択ができないスーツ等や長く愛用したいブラウスなど、衣替えをする前にクリーニングに出しておけば長くきれいに着ることができますよ。

宅配クリーニングのリナビス「汗抜き加工」

宅配クリーニングリナビスのオプションとして人気が高い汗抜き加工についてご説明します。

汗抜き加工 1点につき+500円

通常のクリーニングで落とし切れない水溶性の汚れである汗汚れをきれいさっぱり落としてくれます。衣替え前のルールとして汗抜き加工をしておけば、翌年買い換える必要がなく結果的にリーズナブルに済ませることができますよ。

また夏服だけでなく、意外に汗をかきやすい冬物のアウターやニットなども汗シミが発生しやすくなっていますのでそのタイミングでも利用されることをオススメします。

まとめ

年に2回の衣替えシーズン。洋服をしまう前に汚れの種類に応じたクリーニングを施すことでお気に入りの洋服や大切なスーツ・ワイシャツなどをきれいに保つことができますよ。

宅配クリーニングであればそのまま次の夏まで預かってもらい、自宅のスペースを有効活用することもできますし、重たい思いをして大量の衣類を持ち運びする必要もないため、とても便利!

働いている主婦の皆さんや、仕事でクリーニング店に行く暇が無いサラリーマンの方も、しっかりと季節の汚れを落としてからお洋服を保管する習慣を身に付けて洋服を長持ちさせるクリーニングの使い方を覚えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。