モンクレールのダウンクリーニングならここ!高級ダウンは出すとこを選ぼう

f7c0a1f52219537e7a3fbc17588b00ec_s

一生もののダウンジャケットとして有名なフランス生まれのMONCLER(モンクレール)のダウンジャケットは超高級で少し傷んだからといって何着も買うわけにはいきません。

だからこそ、モンクレールのダウンをクリーニングに出すお店もすごく悩みますよね・・・。

高級ブランドのクリーニングをうりにしているところは、1着で1万円以上するお店もあります。かといって、町のクリーニング屋さんに出すのはかなり危険です。

なんなら、クリーニング拒否されることもよくあります。

ここではモンクレールをものすごく丁寧にクリーニングしてくれるクリーニング屋さんを紹介します。

モンクレールのダウンならリナビスがおすすめ

リナビスのスタッフ

リナビスという、高品質をうりにしている宅配クリーニングをご存知でしょうか?

⇒ リナビスの公式ホームページ

リナビスは、おせっかいなほど丁寧に1点1点の衣類を確認して、その衣類に合わせたクリーニングしてくれる、宅配型のクリーニングサービスです。

家の近くにクリーニング屋さんがなくても、家からクリーニングに持っていき、取りに行くのがめんどうでも、家に佐川急便の人が取りに来てくれて、クリーニングが完了次第持ってきてくれます。

しかも、モンクレールのクリーニングは1着1万円以上かかるのがほとんどなのに、リナビスは1180円~2,000円ほどで、恐ろしく綺麗にクリーニングしてくれます。

ただ、高級ダウンのモンクレールを出すには値段が安いと不安でしかありません。

しかし。

なぜ、モンクレールのクリーニングはリナビスがおすすめなのか、その理由を詳しくご説明します。

モンクレールのような高級衣類を長持ちさせるために必要なクリーニング

  • 水溶性の汚れをしっかりと落とすこと
  • 汚れにくくなる撥水加工をすること
  • 乾燥は自然乾燥で衣類に負担をかけないこと

たったこれだけ?と感じるかもしれません。

しかし、これがなかなか経営上・環境上の問題で難しいのです。

特に3つ目の自然乾燥をすることは、まず都会のクリーニング屋さんでは難しいです。

なぜなら、クリーニング工場には自然乾燥をさせるようなスペースがあまりないこと、できたとしても空気が汚いことがあげられます。

もしできたとしても1着1万円以上の費用が掛かかるのが普通です。

それでは一つ一つの理由を見ていきましょう!

モンクレールのダウンはドライクリーニングだけでは汚れは落ち切らない

ドライクリーニングは油性の汚れを落とす特別な溶剤を利用して行うクリーニング方法であり、優しく洗うという意味ではないのはご存知でしたか?

ただ、ドライクリーニングで落ちる汚れは油性汚れだけで、水性の汚れは落とせません。

このシミ汚れの成分を表した画像を見ていただければわかりやすいと思います。

 

スクリーンショット 2017-11-15 11.27.31

この画像のように、表面の汚れは油溶性なのでドライクリーニングで落ちる汚れです。

しかし、ワインやジュースなどの汚れは、水溶性の汚れなので水洗いをしなければ落ちません。

ただ、そうはいってもモンクレールのダウンは水洗い禁止のものがほとんどなので、そこで行うのが汗抜き加工です。

汗抜き加工は水洗い加工といわれており、水洗いで落とせる汚れをドライクリーニングと合わせて落とすことができます。

 

よく、洗剤の説明をしているクリーニング屋さんのホームページがありますが、クリーニング屋さんにおいて洗剤の違いはほとんどないのです。

 

だからこそ、クリーニング品質の違い洗剤などではなく乾燥と、1着の衣類をどれだけしっかりとスタッフさんが見ているのか?衣類に合わせた洗い方と乾燥方法をとっているのかなのです。

リナビスはものすごく細かく確認したうえで、ベテランのクリーニング職人が洗い方を見極めてクリーニングをしてくれます。

ダウンジャケットは撥水加工をすることでシミや汚れがつきにくくなる

そもそもダウンは、冬だけとはいえ良く着るものなので、当たり前のように汚れます。

その汚れの対策は、少しの汚れや水をはじく撥水加工を行うことです。

特に飲み物の汚れはシミになりやすいですが撥水加工をすることで、生地表面ではじいてくれるので、生地にしみこむリスクが減ります。

高級なモンクレールのダウンだからこそ、やっておきたい仕上げ加工ですね。

モンクレールのような高級ダウンは自然乾燥が必要なのか?

早さや安さをうりにしているクリーニング屋の場合、回転率をよくするために乾燥機を使って衣類を乾燥させています。

乾燥機を使うということは、衣類に熱をあたえて強制的に乾燥させるということです。

そのため、ちょっとした汚れが化学反応を起こして更なるシミや変色をさせてしまう可能性があったり、ふわふわ感がなくなったり、変なにおいがついたりしてしまいます。

だからこそ、衣類を傷めないために必要なことが「自然乾燥」なんです。

しかし、自然乾燥をさせるには、それなりの乾燥スペースが必要です。

ただ都会や町のクリーニング屋さんはただでさえ高い家賃を払っており、それなりの枚数をクリーニングしなければ儲からないので乾燥スぺースが足りません。

また、チェーン展開しているクリーニング屋さんもそれなりの人件費をかけているので、回転率を意識して安くたくさんの量のクリーニングをしています。

仮に、モンクレール1枚のクリーニングを1万円で受けたとしても、数を稼げなければ意味がありません。それなら、1000円のクリーニング10着を受けるほうが確実ですからね。

それに、いつも安く速く仕上げるクリーニングを行っている人が急にモンクレールのようなデリケートな衣類のクリーニングができるようになるでしょうか?

だからこそ、経営上・環境上の問題があり、したくてもできないのです。

そう、モンクレールのダウンをクリーニングに出す場合、しっかりとした乾燥工程を行ってくれるクリーニング屋さんに出さなければ傷んでかえってくる可能性もあるのです。

リナビスは自然乾燥をするから選ばれる

リナビスの自然乾燥

リナビスは自然乾燥を基本として乾燥処理をしています。

それができる理由は、リナビスのある場所が兵庫県の田舎に位置しているためです。

田舎にお住まいの方はお分かりかもしれませんが、自然乾燥をするには空気がきれいなこと、敷地があることなどの様々な条件がそろっていなければできません。

ただリナビスにはそれがあります。

また、自然乾燥をする上での適切な空気というものがあり、土地が安いためにその乾燥させるために良い建物を持っています。

都会では高くて手が出せないような建物が田舎では安いので、乾燥をさせるのに最適な環境が安く手に入るのです。

そのため高級衣類のクリーニングをおこなっても安くできるわけです。

 

ただ安いといってもどの程度安いのか?少し気になる方が多いのではないでしょうか。

そこでモンクレールのダウンと検索するとよく出てくる白洋舎と比較してみましょう!

白洋舎とリナビスのモンクレールダウンの料金比較

白洋舎のダウンのクリーニング料金

サイトの著作権の兼ね合いで、画像を掲載することができませんが、料金はダウンコートの場合7500円、ダウンジャケットの場合4500円です。

もしかしたら、高級衣類の場合はさらに高額料金の請求をされる可能性はあります。

http://www.hakuyosha.co.jp/cleaning/price/calc/result?mode=1

ただ、モンクレールのダウンだけじゃなく、ほかの衣類も一緒に出すことを考えると、更に料金が高くなってしまいます。

リナビスのダウンのクリーニング料金

リナビスの料金表

リナビスは、5点パック・10点パック・20点パックの3種類となっています。

  • 5点 :5,900円(1点あたり1,180円)
  • 10点 :10,800円(1点あたり1,080円)
  • 20点 :18,800円(1点あたり940円)

このパックの中には染み抜きは無料です。軽度のシミならさくっと綺麗に落としてくれます。

ただ、モンクレールのダウンの場合は、更に綺麗に汚れを落として、汚れにくくするためにオプションを追加しておきたいところです。

そのオプションは、汗抜き加工と撥水加工の2つです。

  • 汗抜き加工:1,058円/着(1着からOK)
  • 撥水加工 :540円/着(1着からOK)

合計しても1,598円なので、5点パックの場合は7,498円で5着のクリーニングが出せることになります。

もし冬服を多くお持ちの場合、1着1着のクリーニング代が高額かと思いますが、革ものなど特殊な服を除いて、すべてこの値段内でやってくれます。

クリーニング代が多少でも高い衣類を何点か出すことを考えると、確実に5点パックを選ぶほうが安いですね。

白洋舎の1着分の価格でリナビスは5着出せる

リナビス 白洋舎
ダウンコート 5,900円 7,500円
衣類追加 5点まで無料 別途費用
加工/着 汗抜き加工1,058円

撥水加工540円

汗スッキリ加工:2,376円

撥水加工:2,376円

料金から見てもリナビスのほうがお得なのは言うまでもありませんね。

だからこそ、モンクレールに限らず高い衣類をクリーニングに出すのであれば、リナビスがお得で高品質ですね。

⇒ リナビスの公式サイトをみてみる

まとめ

はっきりお伝えすると、クリーニングの品質はある程度の金額をだせばそこまで大きく変わりません。

最も大きく変わるの衣類の洗い方を見極める職人の目です。

リナビスの洗濯職人

リナビスは田舎にあるクリーニング屋さんです。

だからこそ、長い年数働く地元の職人さんが多く、確かな目を持っています。

50年以上続いている理由は、そんなクリーニング職人の質が理由なのかもしれません。

 

2 Comments

カキヌマカズミ

こんにちは 初めての利用を検討していますがお伺いします。5点セットでの申し込みを考えているのですが,1モンクレールナイロンフリースリバーシブルジャンパー2モンクレールフード付きダウンジャケット3モンクレールリアルファーフード付きダウンショートコート4フェイクファーフード付きショートコートもう一点は未定。全て撥水加工付き以上セットで出したいのですが案内にある料金で大丈夫ですか?なお、リアルファー付きコートは部分的に色褪せがみられますがそのままクリーニングして頂けたらと思います。

返信する
hiro6956

こんにちは。

ファーがあるものに関しては1点ではなく2点としてカウントされる恐れがありますのでそこはお気をつけください。
また撥水加工をつける場合、1点に付き980円のオプション料金が加算されることとなります。

色褪せがあるものに関しても、特に問題はないかと思います。

リナビスは私もよく利用しますが、かなり丁寧に洗っていただけること、クリーニングに出す際にメモみたいなものを書くことができますので、不安であればそれを衣類と一緒に発送いただけるとさらに安心していただけるかと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。