毛布が安い宅配クリーニング7社の特徴|出し方で違うおすすめ

毛布を洗いたい!と思っても、そうそう手軽に洗えるものではありませんよね。

お金も手間もかかりますし、自分で洗おうとすると間違った洗濯方法により品質が落ちてしまうこともあります。

そんな方におすすめなのが毛布の宅配クリーニングです!

こちらの記事では毛布の宅配クリーニングについて、さまざまな業者を解説し最もお得な店舗を紹介します。

毛布の宅配クリーニングの料金相場

料金相場
毛布だけ出す場合 1500~3000円
布団とセットで出す場合 5000円〜

毛布クリーニングは、毛布だけでクリーニングする場合と、布団とセットでクリーニングする場合で料金設定が違います。

当然セットのほうがお得になっています。

おすすめ!毛布の宅配クリーニング業者

毛布だけのクリーニングが安い宅配クリーニング

毛布単体で洗うのであれば「DEA」が最も安いです。

シングル毛布1枚1100円から注文できるということで、「家族分全部洗いたい!」「とにかく安く済ませたい!」という方におすすめ。

布団と毛布をセットで安い宅配クリーニング

布団と毛布をセットで洗うなら、最も安い宅配クリーニング業者は「しももと」です。

毛布単体を洗うメニューはありませんが、布団を洗う追加オプションとして1枚980円でクリーニングすることができます。

毛布の宅配クリーニング業者一覧

リネット

毛布 布団
シングル 2900円 3枚12800円~
セミダブル 2900円
ダブル 2900円
クイーン 3490円 +500円
キング 3990円 +1000円
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット 1500円
2セット 1500円
3セット 2000円
オプション・詳細
防ダニ可能 1000円/枚
長期保管サービス なし
最短納期 10日後〜

リネットの良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • 毛布のみをクリーニングすることができる
  • 布団パックと申し込めば1枚1500円の割引料金
  • 組み合わせ自由で枕や布団も洗える
bad
  • 長期保管サービスはない
  • 梱包が少し大変(圧縮袋を使用)
  • 圧縮されて戻ってくるので素材に注意

リネットの特徴

宅配クリーニング会社の中でも最も大手と言っても過言ではない「リネット」。

さまざまなプランが用意されていて使い勝手が良く、お得に割引料金にてクリーニングすることができます!

公式サイトへ

リナビス

毛布 布団
シングル 8800円 9300円
セミダブル
ダブル
クイーン
キング
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット 12300円
2セット 13900円
3セット
オプション・詳細
防ダニ可能 なし
長期保管サービス なし
最短納期 最短10日後

 

リナビスの良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • とにかくまとめ洗いがお得
  • コスパが比較的◎
  • 掛け布団も敷き布団もOK
bad
  • 防ダニ加工などオプションはない
  • シングルサイズのみ対応
  • 保管サービスがない

リナビスの特徴

「まとめて洗いたい!」「大量に洗いたい!」という方にお勧めしたいのがリナビス。洗えば洗うほどお得なプランとなっています!

また防ダニ加工はありませんが、大量の温水を使い熱風で殺菌しているためダニの繁殖は防いでいます。

公式サイトへ

しももと

毛布 布団
シングル 9680円
セミダブル 9680円
ダブル 9680円
クイーン 9680円
キング
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット 10660円
2セット 21320円
3セット 31980円
オプション・詳細
防ダニ可能 なし
長期保管サービス なし
最短納期 10日

しももとの良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • 毛布をオプション値段(+980円)で洗うことができる
  • サイズに関係なく一律料金
  • 石鹸のみで仕上げるので敏感肌の方へ
  • クリーニング中にはレンタル布団を用意してくれる!
bad
  • 毛布単体で洗うメニューはない
  • 長期保管サービスはない
  • 注文が殺到すると時間がかかることも
  • ウレタン布団は洗えない

しももとの特徴

毛布単体で洗うことはできませんが、追加オプションにより最も安く毛布を洗うことができるのは「しももと」です。

またサイズに関係なく一律料金ということで、クイーンやキングサイズの布団・毛布を洗いたい時には特におすすめですね。

公式サイトへ

ザブザブ

毛布 布団
シングル 5800円 5600円
セミダブル 5800円 5600円
ダブル 5800円 5600円
クイーン
キング
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット
2セット
3セット
オプション・詳細
防ダニ可能 なし
長期保管サービス ある
最長9ヶ月
最短納期 7日程度

ザブザブの良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • 個別洗いオプションを選べる(別途料金)
  • 長期保管サービスあり
  • 銀イオン水加工を行うので綺麗な状態が長持ちする
  • 染み抜きが得意
bad
  • オプションを選ぶと追加料金がかかる
  • 洗えるのはダブルサイズまで
  • エリアごとに細かく送料が異なるため割高になることも

ザブザブの特徴

ザブザブには毛布専用コースが用意されていて、2枚からの申し込みが可能です(別途送料)。

公式サイトへ

白洋舎

毛布 布団
シングル 掛6500円 敷7500円
セミダブル
ダブル 掛8500円 敷9500円
クイーン
キング
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット
2セット 17000円
3セット 19500円
オプション・詳細
防ダニ可能 666円/枚~
長期保管サービス ある
ある場合は最長6ヶ月
最短納期 3週間程度

白洋舎の良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • ダニ防止加工が安い
  • 染み抜きが得意
  • 安心と高品質を兼ねたクリーニングの老舗
bad
  • アイテムによって少し割高
  • 毛布単体で洗うことはできない
  • 梱包用袋に入りきらない布団は洗うことができない

白洋舎の特徴

他と比べるとダニ防止加工が安いことが特徴です。宅配クリーニングはパック料金であるため、1枚単位では出すことができません。

公式サイトへ

DEA

毛布 布団
シングル 1100円 3700円
セミダブル
ダブル 1600円 5300円
クイーン
キング
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット 9000円
2セット 11000円
3セット 13000円
オプション・詳細
防ダニ可能 あり1100円/枚〜
長期保管サービス ある
最長7ヶ月
最短納期 2週間

DEAの良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • 毛布1枚あたりの値段が最安
  • 長期保管サービスあり
  • コスパが良い
bad
  • サイズ展開が少ない
  • 注文が殺到すると遅くなることがある
  • 地域によっては往復料金が高い

DEAの特徴

毛布1枚あたりの値段が最安ということで、「とにかく安く毛布を洗いたい!」という方におすすめしたい宅配クリーニング店です。

公式サイトへ

REAQUA

毛布 布団
シングル 1700円 5500円
セミダブル
ダブル
クイーン
キング
布団セットの料金例(掛布団+敷布団+)
1セット 8200円
2セット 19800円
3セット
オプション・詳細
防ダニ可能 不明
長期保管サービス ある
最長6ヶ月
最短納期 14日

REAQUAの良いとこ・悪いとこ

GOOD
  • パック料金でまとめて洗いたい方におすすめ
  • 長期保管サービスあり
bad
  • 料金形態やプランが少ない
  • サイズ展開が少ない

REAQUAの特徴

「ふとん小バッグ」「ふとん大バッグ」の2種類のパッケージから選び、布団と毛布を一緒に出すシステムです。

公式サイトへ

そもそも毛布はクリーニングに出すべき?

毛布を洗う方法は以下の3つです。

  • 家の洗濯機(コインランドリー)で毛布を洗う
  • 店舗型のクリーニング店に持って行く
  • 宅配クリーニングに頼む

この3つの方法があるわけですが、そもそもクリーニングに出すべきなのでしょうか。そしてクリーニングに出すメリットは何なのでしょうか。

洗濯機(コインランドリー)で洗う場合のメリット・デメリット

メリット

洗濯機やコインランドリーで洗うことのメリットとしては、手軽に素早く行うことができるということ。費用も抑えることができますし、自分で洗うため仕上がりも早いという特徴があります。

デメリット

自宅の洗濯機で毛布や布団を洗おうとしても、上手く洗えない可能性が高いです。ほとんどの布団や毛布は自宅用洗濯機で洗うには適しておらず、無理矢理洗おうと思っても破れたり肌触りが悪くなってしまうことが考えられます。その他洗いから乾燥までにかなりの時間がかかり、他の洗濯物ができないということも。

コインランドリーで洗うにしても、持ち運びが大変です。大きな袋に入れて持ち歩く、車で運ぶなども考えられますが、毛布1枚のためだけと思うとなかなか現実的ではありません。さらに洗濯機と同じように毛布を傷める可能性も高く、除菌面に関してもプロが洗うほどはうまく洗えないという点があります。

メリット・デメリットまとめ

GOOD
  • 手軽に行うことができる
  • 仕上がりが早い
  • 費用を抑えることができる
bad
  • 持ち運びが大変
  • 布団や毛布を傷める可能性がある
  • 衛生面が心配
  • 普段の洗濯物が回らな苦なる可能性

店舗型のクリーニング店に頼むメリット・デメリット

メリット

自宅で洗うのに比べ、シミやダニなどの汚れをプロにお任せしてきれいにすることができます。さらにクリーニング店のプランによっては、コインランドリーよりも総額が安くなる場合があるのも嬉しいポイントです。

また自分で洗濯すると布団や毛布を傷めてしまうこともあるでしょうが、クリーニングの場合は洗濯のプロが丁寧に仕上げてくれます。

デメリット

これはコインランドリーと同じですが、やはり持ち運びが大変です。車で運ぶにしてもなかなかの重労働ですし、往復の手間を考えると結構な負担になるでしょう。

また特に注意しておきたいのが、店舗に布団を取りに行く日です。これはコインランドリーにも言えることですが、せっかくクリーニングして布団を綺麗にしたとして、取りに行く日に雨が降っていたらせっかく洗った布団が湿気てしまう可能性があります。例えば梅雨など、何日も雨が続くような日だと引き取りが困難になる場合もあります。

メリット・デメリットまとめ

GOOD
  • シミやダニが気になる方はプロに落としてもらえるため安心
  • プランによってはコインランドリーより安くなることも
  • 布団や毛布が傷まない
bad
  • 持ち運びが大変
  • 引き取り日の天気に注意

宅配クリーニングに頼むメリット・デメリット

メリット

宅配クリーニングの1番のメリットは、持ち運びの手間がないということでしょう。布団や毛布など大きい荷物を持ち運ぶのは結構な重労働ですが、宅配クリーニングの場合は自宅にいながらほとんどの作業を行うことができます。24時間利用可能なのも嬉しいポイントですね。

さらにクリーニングの中でもさまざまなプランの中から自分に合ったものを選ぶことができます。店舗によっては複数枚洗うとお得になるプランもあり便利です。コスパや品質を考え、自分に合った店舗を選びましょう!

またクリーニング後に長期保管をしてくれるお店もあるため、収納場所に悩んでいる方は特にお勧めです。

デメリット

デメリットとしては、送料なども含め他より値段が高くなるということが挙げられます。宅配サービスやその他諸々が含まれているためこればかりは仕方のないところです。

またこれは店舗型クリーニングでも同じことが言えますが、注文が殺到している時は納期が遅れる場合もあります。余裕を持って注文するようにしましょう。

メリット・デメリットまとめ

GOOD
  • 重い布団や毛布を持ち運ぶ手間がない
  • 24時間利用することができる
  • いろんなプランの中から自分に合ったものを選ぶことができる
  • 複数枚洗うとお得になるプランも
  • 長期保管をしてくれる場合がある
bad
  • 他よりも値段が高くなる
  • 注文が殺到している時は納期が遅れることも

毛布は宅配クリーニングで出す方が便利

最終的なまとめです。

この記事でお伝えしたことを簡単にまとめて締めくくってください。

毛布を宅配クリーニングに出すならここがお得

最終的に毛布を宅配クリーニングに出すのであれば「リネット」がお勧めです!

毛布1枚2900円で洗うことができますし、毛布単体で出すことができるというのも魅力ですよね。

毛布の宅配クリーニングで迷っている方はぜひ「リネット」で自宅にいたままクリーニングをしましょう。

公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。