宅配クリーニングに出す前にチェックしたい衣類の状態4つのポイント

忙しいときや自宅の洗濯機で洗えない季節もの衣料など、クリーニング店は本当にありがたい存在です。

宅配クリーニングなら店舗に足を運ぶ必要もないから、さらに時間短縮。でもせっかくお願いしたのに、納得がいかない状態で返ってきたら嫌ですよね。

各クリーニング店も最善を尽くしてくれていますが、預ける前にまずは私たちがしっかり衣類の状態をチェックしておきましょう。

店舗のクリーニング屋のように目の前で確認できない

クリーニングでのよくあるトラブルといえば、色うつりや破れ、ボタン落ちなど。もちろん、お店側の過失である場合と他に原因があった場合とがありますが、通常、店舗型のクリーニングなら、カウンターで1点1点衣類の状態を店員さんと一緒に確認してからお預けをするので、お互いに同意の上で進めることができます。

しかし、直接店員さんと会うことのない宅配クリーニングの場合はそれができません。確認をせずに預けてしまうと、元の状態がどうなっていたのかをもう知る術がなく、もし破損があった場合にも交渉が出来なくなってしまいます。

大切な衣類だからこそ、トラブルはできれば避けたいもの。まずは今の洋服の状態がどうなっているのか、そしてその部分がクリーニング後にどうなっているのかを自分で判断できるようにしておくことが大切です。

確認するべき4つの衣類の状態

※シャツやスーツなどを眺めているイメージ画像

預ける前に最低限チェックしておきたいのは4つ。できるだけ明るいところで丁寧に確認してみましょう。

ボタンの有無の確認

クリーニングで最も多いとされるボタントラブル。その原因は、洗浄や乾燥の過程にあります。使用する洗剤によって変色することもあれば、洗浄時に外れてしまったり、プレス工程で破損することもあります。

もちろんお店側もアルミホイルでくるんだり、ボタンを守る器具を取り付けて、慎重に扱ってくれていますが、完璧に…というわけにもいきません。

そこで、まずはすべてのボタンがしっかりついているのか、糸が緩んだり、外れそうなものはないか確認し、自分で補強しておくことをお勧めします。

また、デザイン性の高いボタンやスペアがないものなど、代替の利かないものであれば、予め外してクリーニングが終わるまで保管しておくと安心です。

シミや汚れの確認

※衣類のシミなどのイメージ画

宅配クリーニングのサービスの一つとしてほとんどの業者が行っているのが「シミ抜き」です。対面で確認できない分、スタッフが一枚一枚シミの有無を確認して、丁寧に落としているそう。

ところが、服には汗や皮脂など、目には見えない汚れも染みついています。クリーニングに出したときにも、戻ってきたときにも気が付かなかったけれど、1年後に取り出してみたらシミができていた…なんていうこともあります。

そういう場合にもそなえて、クリーニングに出す前には自分の目で確認できるものもできないものも含めて、事前のヒアリングシートなどにシミ落とし希望の箇所を記載しておくといいでしょう。汗ジミができやすいのは袖口やえり周り、脇の部分です。

穴やほつれの確認

クリーニングに出す前には穴やほつれている箇所がないかも十分に確認しておきましょう。衣類に穴が開く一番の原因は保管時の虫食いです。一見するとわからないような小さなものもありますが、それがクリーニングしている過程で周りの糸が切れてしまい、大きくなってしまうことがあります。また、ほつれている箇所があった場合にも、同様です。

穴やほつれがひどい場合には、クリーニングの受付ができないことがあるので、どうしてもクリーニングに出したい場合には、自分で補強したり、手直ししてから出すようにしましょう。

ポケットの中には何も入っていないか確認

※ポケットにペンなどが入っているイメージ画像

クリーニング店では必ずといっていいほどポケットの中に物が入っていないか確認をしてくれます。とは言え、人間が行う作業なので見落とすこともあります。これが小銭やハンカチ程度ならまだいいのですが、ボールペンやサインペンとなると大変。自分の服だけではなく、他の洋服などにもインク染みを付けてしまうことになりかねません。

ポケットは必ず自分の目でも確認してから預けるようにしましょう。

宅配クリーニングから戻ってきたら再度4つを確認!

クリーニングを終えて美しくなって戻ってきた大切な衣類。面倒だからと放置してしまうと何かトラブルがあったときに店舗の保証期間を過ぎてしまい、泣き寝入り…なんてことにもなります。シワを防ぎ、衣類の風通しを良くするためにも、届いたらすぐに箱や袋から出して、事前に確認した4つのポイントをもう一度チェックしてみましょう。

破損やボタンの紛失があった場合

それでは、もし事前チェック時にはなかったシミやボタンの破損、穴やほつれが見つかった場合にはどうしたらいいでしょうか?

まずは、仕上がった衣類と同梱されている書類を確認しましょう。そこには何かトラブルがあった際の連絡先と保証期間が明記されているはずです。多くのところが納品から「●週間以内もしくは●ヶ月以内で、未着用のものについては、再仕上の検討をする」としています。

また、クリーニング業者はどこも自主基準の「クリーニング事故賠償基準」を設けています。明らかにクリーニング業者の過失による破損等であれば、この基準が適用されます。ただし、購入時の金額と同額を保証されるとは限りません。購入から6~12ヶ月で再取得価格の80~60%、3年以上経ったものは30%未満…といったように衣類によって異なるものの、購入時からの経過年月数によって基準が定められているため、クリーニングを出す前には、各社の利用規約や賠償基準も確認しておくと良いでしょう。

●リネット 利用規約

http://www.lenet.jp/rule/

●クロークネット 利用規約

http://www.dry-world.com/cloaknet/rules.html

●フランス屋 賠償基準

https://www.franceya-shop.jp/compensation/

●せんたく便 賠償基準

http://www.sentakubin.co.jp/baisyou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。